文字だけのメールが有効な場面

必ずしもイラスト入りでなくていい

メール配信を行う場合、Htmlメールのように華やかなメールを配信したほうが集客率が高いのではないかと考える人は少なくありません。しかし、文字だけのテキストメールが必ずしも集客率、購買率を低くしているわけではなく、むしろ有効な場合もあります。
現在企業が個人向けに発行しているメール配信の場合はHtmlメールが少なくありませんが、必ずしもHtmlで顧客を獲得できるわけではありません。むしろ、テキストメールだけで充分顧客を確保できると理解している企業の場合は、テキストメールだけを配信していることが多いです。また、個人でアフィリエイトをしている人の場合も、テキストメールだけを配信していることが多いといいます。そのため、Htmlではなくてもメールの書き方次第で充分ニーズを高め、集客率、購買率を高めることが可能といえるでしょう。

テキストメールならではのテクニックを使う

テキストメールのメリットとしては、セキュリティソフトではじかれることなくメール配信できることです。また、表示される受信者の環境によらず、贈りたい内容をそのまま送信できます。だからこそ、その特性を生かしたメール配信を行うことで、顧客の購買意欲を高め、集客率、購買率向上につなげることは可能です。
例えば、改行を意図的に増やして読みやすさを追求することや、文字の大きさを意図的に変化させ、強調することは初歩的なテクニックといえるでしょう。さらに記号や見出しを使うこと、文章の内容は簡潔に仕上げることで、相手に伝わりやすくなります。
定期的にURLを入れて顧客が関心を持った時にすぐリンク先をクリックできるようにすることなど、テキストメールならではのテクニックを使うことが、顧客獲得につながるでしょう。

© Copyright How Email Works. All Rights Reserved.