そのメール読まれてますか?開封率を分析しよう

配信数より開封率に注目しよう

マーケティングを行う場合、身近なツールによる顧客へのアプローチが重要になってきます。メール配信はネット社会の今、どこでもどんな時でもパソコンやスマートフォンでチェックしてもらうことのできる、マーケティングの中でもマストなツールとなっています。しかし配信して終了ではなくそのメルマガが開封されているか、にもぜひ注目してください。当たり前ですが、メルマガなりダイレクトメールなり、開封して読んでもらうことによってマーケティング力を発揮するものです。総配信数のうち、不達になったメールが多ければ多いほど読まれていない率が上がります。配信したメルマガの開封率が低い場合、読まれていない何らかの理由を探り検討を行っていきましょう。

開封率を上げるメルマガとは

では、どのようなメール配信なら開封率が上がるのでしょうか?まず、どの業界のメールでも重要なのが「件名」です。件名はメールフォルダーに入って、まずユーザーが目にするもの、つまり企業からのメールの「第一印象」を決めるものです。パッとみて、内容が気になるようなインパクトのある件名が好ましいです。また、配信の時間にも留意してみましょう。この配信時間はターゲットにしてるユーザーによって異なりがありますが、例えば朝が忙しい主婦層に読んでもらいたいのに朝に配信しても開封される確率は低いです。しかし、ターゲット層が会社員の場合は朝の通勤時に読んでもらうことが出来ます。このように、時間とターゲット層のライフスタイルを留意して配信を行ってみてはいかがでしょうか。

© Copyright How Email Works. All Rights Reserved.